小竹・二瓶研究室 / 生活支援工学分野 / Assistive Technology Lab.

東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 / 工学部 機械工学科


HOME

News

AllEventPaperConferenceAwardResearch

Journal of Intelligent & Robotic Systemsに論文が掲載されました

Journal of Intelligent & Robotic Systemsに、中村美緒研究員、池田幸平、二瓶准教授の研究グループの論文が掲載されました。 Mobile, Socially Assistive… 続きを読む

自動車技術会2021年秋季大会学術講演会で発表しました

10月13日~15日までオンラインで開催された自動車技術会2021年秋季大会学術講演会において、修士課程1年の西本昂生、吉武特任助教の2名が発表しました。 自己評価の形成過程に着目した高齢運転者の安全教育手法 西本昂生,… 続きを読む

IROS2021で発表しました

9月27日~10月1日までオンラインで開催されたIROS2021(2021 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems)において… 続きを読む

FAST-zero’21で発表しました

9月28日~30日までオンラインで開催されたFAST-zero’21(6th International Symposium on Future Active Safety Technology Toward… 続きを読む

LIFE2020-2021で発表しました

9月16日~18日までオンラインで開催されたLIFE2020-2021において、修士2年の呂超、早坂涼哉、修士1年の西脇佑理の3名が発表しました. 協調学習操作系を用いたハンズフリーモビリティの協調学習機能の有効性評価 … 続きを読む

2021年度入試説明会について

2021年度の入試説明会はオンラインで開催します。 専攻の入試に関する説明、各分野・講座に関する紹介・質疑応答をZoomにて行います。 第1回:5月1日(土) 13:00~ 終了しました 第2回:5月8日(土) 13:0… 続きを読む

2021年度B4研究室紹介について

2021年度の小竹・二瓶研究室のB4研究室紹介(オープンラボ)の日時・開催方法は下記のとおりです。本年度はSpatialChatで行いますので、お気軽に参加してください。 当日は研究紹介のほか、在学生が研究室の様子につい… 続きを読む

運転寿命延伸プロジェクト・コンソーシアムで講演しました

3月12日にオンラインで開催された運転寿命延伸プロジェクト・コンソーシアムの第2回講演会において、小竹准教授が「超高齢社会における安全な移動を持続させるモビリティ」というテーマで講演しました。 運転寿命延伸プロジェクト・… 続きを読む

シンポジウムのお知らせ(3月3日開催)

東京大学高齢社会総合研究機構の主催で、以下のシンポジウムを開催いたします。 当研究室の二瓶准教授がシンポジウム内のパネルディスカッションに参加いたします。 高齢社会に関する研究・教育に興味を持っている方であれば、どなたで… 続きを読む

フォーラムのお知らせ(3月13日(土),20日(土)開催)

当研究室が参画しております東京大学モビリティ・イノベーション連携研究機構(UTmobI)の主催で、柏市の皆様に自動運転バスに試乗いただいたうえで、柏のまちと公共交通の将来について、自動運転技術の開発者やまちづくりの専門家… 続きを読む

Journal of Intelligent & Robotic Systemsに論文が掲載されました

Journal of Intelligent & Robotic Systemsに、中村美緒研究員、池田幸平、二瓶准教授の研究グループの論文が掲載されました。 Mobile, Socially Assistive… 続きを読む

Journal of Robotics and Mechatronicsに論文が掲載されました

Journal of Robotics and Mechatronicsに、中村美緒研究員、岡島宏樹、二瓶准教授の研究グループの論文が掲載されました。 Effectiveness of Continuous Grip S… 続きを読む

Transportation Research Part Fに論文が掲載されました

Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviourに、小竹准教授と吉武特任助教の研究グループの論文が掲載されました。 Effects of v… 続きを読む

Open Research Europeに論文が掲載されました

Open Research Europe(Open Peer Review)に、二瓶准教授の研究グループの論文が掲載されました。 ‘Care literacy’ in super aging Japan Hiroko C… 続きを読む

International Journal of Environment Research and Public Healthに論文が掲載されました

International Journal of Environment Research and Public Healthに、二瓶准教授の研究グループの論文が掲載されました。 Effect of the Inform… 続きを読む

自動車技術会2021年秋季大会学術講演会で発表しました

10月13日~15日までオンラインで開催された自動車技術会2021年秋季大会学術講演会において、修士課程1年の西本昂生、吉武特任助教の2名が発表しました。 自己評価の形成過程に着目した高齢運転者の安全教育手法 西本昂生,… 続きを読む

IROS2021で発表しました

9月27日~10月1日までオンラインで開催されたIROS2021(2021 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems)において… 続きを読む

FAST-zero’21で発表しました

9月28日~30日までオンラインで開催されたFAST-zero’21(6th International Symposium on Future Active Safety Technology Toward… 続きを読む

LIFE2020-2021で発表しました

9月16日~18日までオンラインで開催されたLIFE2020-2021において、修士2年の呂超、早坂涼哉、修士1年の西脇佑理の3名が発表しました. 協調学習操作系を用いたハンズフリーモビリティの協調学習機能の有効性評価 … 続きを読む

AutoUI’21で発表しました

9月9日~14日までオンラインで開催されたAutoUI’21 (13th International ACM Conference on Automotive User Interfaces)において、吉武特… 続きを読む

第71回自動車技術会賞論文賞を受賞しました

修士課程2年の古瀬航が、第71回自動車技術会賞において論文賞を受賞しました。 第71回 (2021年) 自動車技術会賞 受賞一覧:https://www.jsae.or.jp/PR/2021/PR21003/docu/s… 続きを読む

第26回ロボティクスシンポジアで発表し、学生奨励賞を受賞しました

3月16日~17日までオンラインで開催された第26回ロボティクスシンポジアにおいて、修士課程2年の清水崇博が発表しました。 また清水は本発表で学生奨励賞を受賞しました。 パーソナルモビリティのためのLIDARの反射強度特… 続きを読む

SI2020で発表し、優秀講演賞を受賞しました

12月16日~18日までオンラインで開催されたSI2020 (第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会)において、修士課程2年の五十嵐宙之、清水崇博、髙木薫、二渡一昇、路翔麟の5名が発表しました。 ま… 続きを読む

FIT2020で発表し、FIT奨励賞を受賞しました

9月1日~3日までオンラインで開催されたFIT2020 (第19回情報科学技術フォーラム)において、修士課程2年の小野塚友也が発表しました。 また小野塚はFIT2020でFIT奨励賞を受賞しました。 歩行空間における自律… 続きを読む

第70回自動車技術会賞論文賞を受賞しました

小竹准教授の研究グループが、第70回自動車技術会賞において論文賞を受賞しました。 第70回 (2020年) 自動車技術会賞 受賞一覧:https://www.jsae.or.jp/09award/jigikaisho/2… 続きを読む

AMEDのプロジェクトに採択されました

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED: Japan Agency for Medical Research and Development)の令和3年度「ロボット介護機器開発等推進事業(開発補助)」に小竹准教授… 続きを読む

経済産業省のプロジェクトに採択されました

経済産業省の令和3年度「無人自動運転等の先進MaaS実装加速化推進事業(自動運転レベル4等先進モビリティサービス研究開発・社会実証プロジェクト(4つのテーマ))」に小竹准教授の研究グループが応募し、採択されました。 レベ… 続きを読む

『高齢者を支える技術と社会的課題』報告書が発行されました

二瓶准教授らが執筆した、国立国会図書館発行・科学技術に関する調査プロジェクト2020『高齢者を支える技術と社会的課題』が公開されました。 報告書全文はこちらからダウンロードできます。

2人乗り電気自動車の公道走行

当研究室での取り組みが、記事に掲載されました。 http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2014/05/20140526_03.htm… 続きを読む

[ News一覧 ]


研究内容

小竹・二瓶研究室では、高齢化、個別化、高度技術化、グローバル化などの社会変化に合わせて変遷する人間の生活を、生活の質と人生の質の観点から捉え、生活に関連するすべての学問の知見を統合し、新たな支援機器の開発・社会システムの構築・政策提言を行うことで学術の進展と社会への貢献を図ることを目指しています。


小竹・二瓶研で学ぶには

修士課程の学生として

小竹・二瓶研究室にて、修士論文のための研究を行うには、 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻の入学試験を受験し、生活支援工学分野(当研究室)の教員を指導教員として志望してください。

博士課程の学生として

小竹・二瓶研究室では、博士課程の学生を積極的に受け入れています。生活支援工学分野で学位を取得したい方、本研究分野に関する研究を深めたい方であれば、企業や医療職の方も歓迎しています。まずは生活支援工学分野(当研究室)の教員にお問い合わせください。

卒論生として

小竹・二瓶研究室では、 東京大学 工学部機械工学科の4年生を卒論生として受け入れています。東京大学2年次の進学振り分けにて工学部機械工学科(主に機械A。機械Bからも若干名配属可能な場合有り)に進学してください。機械Aには、教養学部理科一類から進学する人がほとんどですが、全科類枠等を利用して、理科二類や文科からの進学も可能です。